STAFF日記


日々の入荷情報やイベントなど新鮮な情報を出来るだけマメに更新しています。

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  スノボウェアの選び方

スノボウェアの選び方

スノボウェアの選び方

スノーボードに必要なものは意外にもたくさんあります。その中でもスノボウェアは自分の滑りの環境に合わせたウェアを選ぶ必要があります。また、性能や機能性をしっかり見極めなければスノーボードで快適に滑ることができません。

当店はスノーボード、スケートボードの通販ショップです。メンズ、レディースのスノボウェアをはじめ様々なグッズを豊富に扱っておりますのでご利用してみてください。人気の高いブランドのアイテムもございますのでおすすめです。
こちらではスノボウェアの選び方をご紹介致します。是非参考にしてみてください。

サイズ

スノボウェアは普段着よりも大きめに作られているため、ちょうど良いサイズでもかなり大きく感じてしまいます。
だからといってサイズを下げてしまっては動きづらさがあり、思うように滑ることができません。
余裕があり過ぎても滑りづらくなるため、少しだけ余裕のあるサイズを選ぶことをおすすめします。

性能

スノボウェアに求められる性能は防水性や透湿性などです。防水性のないウェアに雪がつくと、ウェアの中に水分が染みこんで濡れてしまいます。よって、ジャケット、パンツ共に最低、耐水圧が10,000mmは欲しいところです。そして透湿性が低ければ蒸れる原因となってしまいます。スノーボードは思った以上に激しく動くスポーツであるためサウナスーツを着たときのような状態になります。一日中滑ることも考え、快適に滑れるように透湿性もしっかり確認しましょう。

機能性

スノボウェアはスノーボードに必要とされる細かい機能性を備えています。

・ポケット

スノボアイテムを収納する様々なポケットがついているととても役立ちます。リフト券、小銭、車の鍵、今ではスマホやiPodを収納できる、便利なポケットが付いているものまであります。しかし、スノーボードは激しく動くためファスナーや折り返しのマジックテープがついていることが必須になります。

・パウダーガード

滑走時や転倒時の際に雪がウェアの中に侵入するのを大幅に防いでくれるのがパウダーガードです。
足首や手首、お腹の部分についています。防寒のためにもあった方が便利な機能だといえます。

・ベンチレーション

空気穴のことをいい、ジャケットには通常、脇下に付いてあり、パンツには内腿あたりに付いています。これがあるだけで体温調節を行うことができます。滑っている間は暑くてもリフトに乗ったとたん寒さを感じることもあるため、快適にスノーボードをするためにも必須機能といえます。