STAFF日記


日々の入荷情報やイベントなど新鮮な情報を出来るだけマメに更新しています。

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  スノボーのマナー

スノボーのマナー

スノボーのマナー

スノボー通販ショップをお探しの方は、当店の通販ショップをご利用ください。当店のスノボー通販ショップでは激安のスノボーグッズも販売しています。こちらでは、これからスノボーを始めるという方に覚えておいてほしいスノボーのマナーをご紹介したいと思います。スノボーはウィンタースポーツのなかでも人気が高く、シーズンには口コミで評判の良いスポットに多くの人が集まります。マナーを知っておかないと、思わぬ事故につながってしまう可能性もあります。

コースの真ん中で座らない

スキー場のコースは公共の場所です。真ん中に座っている人がいると他のボーダーやスキーヤーの邪魔になってしまいます。それだけでなく、コースの真ん中で座ったり立ち止まったりすることで、後ろから滑ってきた人と衝突してしまう可能性もあり危険です。初心者の方は座ってバインディングを装着すると思いますが、その際も他の人の邪魔にならない場所を選んで装着しましょう。

ブーツでコースを歩かない

コースを通るときは必ずボードを装着した状態で通りましょう。ブーツでコースを歩くとコース内に深い穴ができてしまいます。ボードやスキー板がその穴にひっかかって転倒する危険性があります。他の人にケガをさせてしまわないように、歩くときはコースの端を歩きましょう。

ジャンプ台を使うときは順番待ちをする

普通のコースに慣れてくるとジャンプ台にチャレンジしたくなります。スキー場のジャンプ台は数に限りがあるので、何人か順番待ちをしていることがあります。ジャンプ台を見つけたら順番待ちをしている人がいないか確認し、待っている人がいれば一番後ろに並んで自分の番が来るまで待ちましょう。

ゴミを捨てない

スキー場は自然の中に作られている公共施設です。小さなゴミでも必ず自分で持ち帰りましょう。公共の場所にゴミを捨てるというのは人としてのモラルに欠ける行為です。ルールとマナーを守り、気持ちよく滑り、リフレッシュしましょう。

これらは最低限のマナーなので絶対に覚えておきましょう。