STAFF日記


日々の入荷情報やイベントなど新鮮な情報を出来るだけマメに更新しています。

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  スケボーでのケガ予防

スケボーでのケガ予防

スケボーはケガをしやすい乗り物です。すり傷や切り傷などの軽いケガも多いですが、捻挫や骨折といった日常生活に支障をきたすケガをすることもあるので、事前にケガ予防の知識を身につけておきましょう。

質の良いスケボーに乗る

これからスケボーを始めようとしている方の中には「最初は中古や激安スケボーでいいや」と思っている方もいらっしゃるでしょう。中古、激安のスケボーはデッキやトラック、ウィールの質が悪いことが多く、思うように滑れなくてケガをする恐れがあります。値段よりも質で選ぶことをおすすめします。また、中古、激安スケボーは壊れやすくて長持ちしないことが多いです。

ヘルメットとプロテクターの装備

ヘルメットとプロテクターの装備

初心者の方は頭と関節を守るために、ヘルメットとプロテクターをつけて練習することをおすすめします。
スケボーは平坦な道でもバランスがとれないと転んでケガをする恐れがあります。安全にスケボーを楽しむためには、ヘルメットとプロテクターが必要不可欠です。また、腕や脛(すね)を守るために長袖と長ズボンを着用するのもおすすめです。

準備運動

スポーツをするときと同じようにスケボーに乗る前は必ず準備運動をしましょう。体がほぐれていない状態で始めてしまうと、捻挫しやすくなります。スケボーでは足首を捻挫する人が多いので、足首をぐるぐる回して柔らかくするのが準備運動の大切なポイントです。

周囲の安全確認

スケボーに集中しすぎると周りが見えなくなって接触事故を起こしてしまう可能性があります。
自転車や車、歩行者との接触事故が絶対無い様、必ず周囲の安全確認をし、安全確保の出来るスペースで滑りましょう。大技はケガのリスクが高まるので、ケガをしてもすぐに対処できるように同伴者をつけるのが望ましいです。

当店では、通販でスノボーとスケボー関連の商品を販売しています。近くにスケボーショップがない方や気に入ったデッキが見つからないという方は当店の通販をご利用ください。